今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

ごまちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » 元気と若さを保つのに必要な活性酸素撃退の知識 » 活性酸素が増える理由

活性酸素が増える理由

活性酸素はどのように発生するのかについて解説し、活性酸素が増える原因についてまとめています。

活性酸素が増える原因は?

紫外線画像活性酸素は、体内に取り込まれた酸素が、血液に乗って細胞へと運ばれ、栄養分を燃やしてエネルギーを発生させる際に生じるのですが、呼吸で取り込まれた酸素の2~3%が活性酸素になるといわれています。

この程度の量であれば、体内で生成される抗酸化物質によって除去できるのですが、呼吸以外にも、活性酸素が発生したり、増える原因があります。

紫外線

紫外線を浴びると、体は身を守るために活性酸素を発生させます。肌に直接紫外線を浴びると、強い活性酸素が発生し、シミなどの肌トラブルだけでなく、皮膚ガンを引き起こす恐れもあるといわれています。

ストレス

人間の体は、ストレスを受けるとストレスを緩和させるために「副腎皮質ホルモン」を分泌するのですが、そのとき、活性酸素も生成されてしまいます。また、ストレスによって体が緊張すると血管も収縮してしまいます。この収縮した血管が開放されて血管が流れるときにも、活性酸素が発生するといわれています。

寝不足

睡眠中は、エネルギー生成作用が減るため、活性酸素もあまり作られません。つまり、睡眠時間が少なく、起きている時間が長くなると、エネルギーを消費するため、エネルギーの生成量が増えます。活性酸素は、エネルギーが生成される際に発生するといわれているため、寝不足になると、活性酸素も多く作られることになります。

喫煙

タバコに含まれているタールやニコチンは有害物質の一種です。これらの有害物質が体の中に入ると、体は、防衛のために活性酸素を作り出します。受動喫煙の場合も、喫煙者と同じような影響を受けるため注意が必要です。

飲酒

適量のアルコールは、活性酸素を減らす効果があるといわれています。けれども、アルコールを分解するときにも、活性酸素が生成されるため、アルコールの摂取量が多いと、その分、活性酸素も増えてしまいます。

激しい運動

普通に呼吸をしているだけでも、その2~3%は活性酸素となります。激しい運動をすると、呼吸量も増えるため、必然的に、活性酸素の量も増えることになります。

大気汚染

汚染された空気は、人間の体にとって有害物質となります。有害物質から体を守るため、活性酸素が発生する量が増えます。

食品添加物

食品添加物も、体にとって有害物質となるので、食品添加物をたくさん摂ってしまうと、活性酸素の生成量も増えてしまいます。

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ