今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

ごまちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » ゴマのスゴイパワー!セサミンでエイジングケア » 黒ゴマと白ゴマどっちがいい?

黒ゴマと白ゴマどっちがいい?

ゴマには黒ゴマ、白ゴマ、金ゴマなどの種類がありますが、どれを選んだ方がいいのでしょうか。ゴマのなかでも、食卓への登場頻度の多い黒ゴマと白ゴマの特徴や違いについて解説しています。

黒ゴマと白ゴマに違いはあるの?

白ゴマ黒ゴマ画像黒ゴマと白ゴマは、見た目の色や香りに違いはありますが、どちらにも、ゴマの代表成分であるセサミンは含まれていますし、栄養価にもほとんど変わりません。

では、どこに違いがあるのでしょうか。白ゴマと黒ゴマ、それぞれの特徴についてまとめてみました。

白ゴマ

白ゴマは黒ゴマよりも脂質が多く、ごま油の原料にもなっています。セサミンは脂質に含まれていますから、脂質が多い分、セサミンの量も多いのではないかと考えられています。

黒ゴマと比べて味が控えめで、甘みもほんのり。色も主張しないので、ゴマ和えやドレッシング、ごまだれなどで使っても、料理の邪魔をせず、幅広い用途に対応できます。

黒ゴマ

黒ゴマは、白ゴマよりも脂質は少ないですが、種皮の割合が多く、香りも白ゴマよりも強いといわれています。

また、白ゴマよりも、ポリフェノールの一種であるアントシアニンが多く含まれています。アントシアニンは、視覚の機能を改善したり、白内障や緑内障などの眼病を予防したり、メタボリックシンドロームや花粉症を予防する効果があります。

香りが強く、香ばしさもあるので、香りの強い野菜と和えるときや、豆腐、プリン、ゴマ餡などに、よく使われています。

サプリメントならどちらを選ぶべき?

サプリメントの原材料として、白ゴマが使われていたり、黒ゴマが使われていたりします。

どちらを選ぶべきか迷ってしまうかもしれませんが、サプリメントの場合は、白ゴマ、黒ゴマ、どちらがいいということはありません。

サプリメントを選ぶときに大切なのは、セサミンの含有量。原材料が白ゴマ、黒ゴマということよりも、セサミンがどれくらい含まれているのかをチェックして選ぶようにしましょう。

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ