今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

ごまちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » ゴマのスゴイパワー!セサミンでエイジングケア » どれくらい摂ればいいの?

どれくらい摂ればいいの?

セサミンの1日あたりの摂取量と、効率的な摂り方について解説しています。

1日あたりのセサミンの摂取量

ごま和え画像セサミンの摂取量の目安は、1日あたり10mgといわれています。しかし、ゴマ1粒に含まれているセサミンは0.2~0.5グラム程度。

そのため、10mgを摂取するためには、2,500~3,000粒を食べなければなりません。実際にこれだけの量のゴマを食べるのは難しいですが、少しでも多くゴマを摂取するためのポイントを紹介します。

ゴマは硬い殻に覆われていて吸収されにくいので、すりつぶすことで消化がよくなります。

すったゴマをいんげんや小松菜、ほうれん草などの野菜と混ぜたゴマ和えや、すったゴマをマヨネーズに混ぜて、ドレッシングとして野菜にかけて食べたり、フードプロセッサーやすりばちを使ってペースト状にして、パンに塗ったり、ヨーグルトに混ぜたりすると、ゴマをたくさん摂ることができます。

また、セサミンは、温めても失われることがなく、逆に、温めることで、セサモールに変わり、抗酸化力もアップするといわれています。

ゴマをする前に炒るのがおすすめです。すりごまの状態で売っているものもありますが、空気に触れると酸化してしまうため、できれば食べる直前にするのがおすすめです。

ゴマ油には、同量のゴマよりもセサミンが多く含まれているので、炒めものなどをするときには、ごま油を使うと、効率よくセサミンを摂取することができます。

ただし、ゴマ油は、ゴマそのものよりもタンパク質や食物繊維、ビタミン、ミネラルなどの栄養素は少なくなってしまいます。

セサミンを効率よく摂取するには

セサミンの1日の目安量、10mgを摂取するためには、ゴマだと2,500~3,000粒が必要だといいましたが、ゴマは脂質が多いので、これだけの量を摂取したとすると、カロリーも気になります。

セサミンは体内に蓄積されないため、継続して摂ることが望ましいのですが、脂質やカロリーを考えると、毎日、これだけの量を摂取するのは難しいのではないでしょうか。

脂質やカロリーを気にせず、効率よく目安量を摂取するなら、サプリメントが手軽でおすすめです。

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ