今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

ごまちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » ゴマのスゴイパワー!セサミンでエイジングケア » どうやって摂るのがいいの?

どうやって摂るのがいいの?

ゴマに多く含まれているセサミン。セサミンを効率よく摂取するゴマの食べ方を紹介。

効率よくセサミンを吸収するゴマの食べ方

すりごま画像セサミンはゴマに多く含まれている成分なので、ゴマを食べるのがもっとも手軽な方法です。けれども、正しい食べ方をしないと体内に吸収されず、セサミンの効果を十分に得ることができません。

まず、ゴマの殻は硬いので、そのまま食べると消化されないまま体の外へ出てしまいます。すると、セサミンは体内に吸収されません。

ゴマの消化吸収をよくするためには、ゴマをすったり、煎って食べることです。

セサミンは加熱しても栄養素が失われないため、炒めものなどの調理の際、ごま油を使うのもおすすめです。

セサミンは、ビタミンEと一緒に摂ると、さらに高い効果が見込めます。

ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれ、セサミンと同じように、高い抗酸化力をもつ、α‐トコフェロールを含んでいます。セサミンとの相性がよく、一緒に摂ることで、互いの効果が高まるといわれています。

また、青魚に多く含まれ、血栓を防いだり中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果のあるEPA(エイコサペンタエン酸)や血液をサラサラにしてコレステロール値の上昇を抑えたり、中性脂肪を減少する働きのあるDHA(ドコサヘキサエン酸)とも、セサミンは相性がいいのだとか。

セサミンを摂取するときには、こうした栄養素と一緒に摂ってみてはいかがでしょうか。

効率のいいセサミン摂取方法とは

セサミンの1日の摂取目安量は10mgといわれていて、これは、ゴマでいうと2,500~3,000粒を食べないと摂取できない量です。

しかも、セサミンは体内に蓄積しないので、セサミンの栄養素を摂ろうと思うと、毎日、ゴマを食べなければなりません。

けれども、毎日、3,000粒ものゴマを食べるのは、かなり難しいですよね。

それに、ゴマは脂質が高いので、カロリーも気になります。

セサミンの1日の目安量を摂取するには、サプリメントがおすすめです。サプリメントであれば、セサミンの必要量をしっかり摂ることができますし、カロリーオーバーの心配もありません。

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ