今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

ごまちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » ゴマのスゴイパワー!セサミンでエイジングケア » セサミンは子どもに与えても大丈夫?

セサミンは子どもに与えても大丈夫?

すぐれた抗酸化作用など、体にプラス効果が期待できるセサミン。大人のアンチエイジングや病気予防の効果だけではなく、子どもの成長にも欠かせない成分も数多く含んでいます。これから成長期を迎える子どもにも、ぜひセサミンのサプリメントを与えたいと考える方は多いのではないでしょうか。サプリメントは薬ではありませんが、やはり飲む前にはきちんとした知識を持っておくことが大切。子どもにセサミンを与える際の注意点などをご紹介します。

基本的には子どもにセサミンを与えても特に問題はない

成長期を迎える子どもには、骨をつくるカルシウム、筋肉をつくるタンパク質、鉄分やビタミン類など、積極的に摂取したい栄養素がたくさん。ゴマには、そんな子どもの成長に必要な栄養素が豊富に含まれています。セサミンはゴマ独自の成分で、ゴマの中でも1%しかないという、貴重な栄養成分のひとつ。

【参考】

栄養豊富なゴマは、子どもに与えてはいけない食材ではありませんので、ゴマから抽出されるセサミンも、特に問題なく摂取できると考えられますね。

子どものセサミン摂取量の目安

セサミンを子どもに与えることに特に大きな問題はない、と考えられていますが、やはり摂取量には注意したいです。

子どもは大人と比べて、サプリメントの影響を受けやすく、あまり摂りすぎると過剰摂取になってしまう心配があります。大人がセサミンの過剰摂取で健康被害が出た、という報告はないようですが、子どもに関してはまだ解明されていないことが多く、健康被害などが出ない、とは言い切れません。

そのため、子どもにセサミンを与える場合は、小学生ぐらいの子どもで、大人の半量程度(約5mg程度)を目安にしておきましょう。小学生以下の幼児の場合は、サプリメント自体を飲み込むことが難しい上、サプリメントの子どもの体への影響も良くわかっていない部分もありますので、あまり推奨されていません。

【参考】

いずれにしても、子どもにセサミンを与えるにあたって心配なことがあるのでしたら、かかりつけの医師に相談してから与えるようにしましょう。

子どもにセサミンを与える場合の注意点

子どもにセサミンを与える場合に、最も注意をしなければいけないのは、アレルギーです。ゴマアレルギーがある子どもが知らずにゴマを摂取してしまうと、最悪の場合はアナフィラキシーショックを引き起こし、重篤な事態になる可能性もあります。

近年、ゴマアレルギーの子どもが増えているといった背景もあることから、小学生未満の幼児には、無理に与える必要はないでしょう。幼児期の子どもは、サプリメントから栄養を摂取するのではなく、バランスのとれた食事から摂取するように心がけたいですね。

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ