今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

ごまちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » ゴマのスゴイパワー!セサミンでエイジングケア » 実はセサミンだけじゃない!ゴマのチカラ

実はセサミンだけじゃない!ゴマのチカラ

ゴマの代表的な成分であるセサミンですが、セサミン以外にも、ゴマにはさまざまな栄養素が含まれています。体にうれしい効果をもたらしてくれる、その他の栄養素を紹介します。

ゴマに含まれている栄養素と健康効果

たんぱく質

ごま画像

ゴマには約20%のたんぱく質が含まれています。たんぱく質は、筋肉や血液、臓器、皮膚、髪、爪などの体をつくる主成分です。

抗体の原料になるため、たんぱく質のおかげで免疫力をつけることができます。

また、体に酸素を運ぶ、赤血球のヘモグロビンの原料となります。ヘモグロビンが不足すると、体内の酸素も足りなくなり、体がだるくなったり疲れやすくなったりします。

カルシウム

ゴマ100gには1200mgのカルシウムが含まれています(『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』より)。同じ量の牛乳に含まれているカルシウムが110mgですから、ゴマのカルシウム含有量の多さがわかると思います。

カルシウムは骨や歯をつくる栄養素。カルシウムを摂ることで、骨粗しょう症の予防効果があるといわれています。

鉄分

ゴマには、100gあたり9.9mgの鉄分が含まれています(『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』より)。鉄分が多いといわれているほうれん草でも、100gあたりに含まれている鉄分は2.0mgです。

鉄分には、造血作用があるので、貧血を予防したり、疲労を回復する効果が期待できます。

ビタミン

ゴマには、ビタミンB1、ビタミンB2、葉酸なども含まれています。これらのビタミンは、ゴマの抗酸化作用をさらにアップする働きがあるといわれています。

また、ビタミンB1には疲労回復効果、ビタミンB2には新陳代謝促進効果、葉酸には貧血や動脈硬化を予防する効果があるそうです。

食物繊維

ゴマには不溶性食物繊維が含まれています。不溶性食物繊維は水に溶けにくく、腸で水分を吸収して便をかさ増しし、腸を刺激して、ぜん動運動を活発にすることで、便秘改善の効果があるといわれています。

また、腸内の有害物質を体の外へ排出する働きがあるので、ダイエット効果も期待できます。

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ