今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

ごまちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » ゴマのスゴイパワー!セサミンでエイジングケア » セサミンってなに?

セサミンってなに?

セサミンとはどのような成分なのか、セサミンはどのような働きをするのか、セサミンについて解説しています。

そもそもセサミンとは

セサミンとは、ゴマに含まれている抗酸化物質・ゴマリグナンの一種で、ゴマリグナンの50~60%を占める成分です。セサミンイメージ画像

セサミンには高い抗酸化力があるので、活性酸素を除去する効果が期待できます。

老化の原因になるといわれている活性酸素を除去することで、アンチエイジングに役立ちますし、活性酸素はシミやしわ、たるみなどの原因にもなるため、美容効果にもつながります。

セサミンは胃や腸では分解されず、肝門脈で吸収されます。直接、肝臓に作用するので、アルコールの分解を促したり、酵素の働きを活発にして、肝臓の負担を減らしてくれるといわれています。そのため、二日酔いや悪酔いの予防にも役立ちます。

セサミンには、血中のコレステロールを活性酸素から守り、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールの増加を抑える働きもあります。

この働きによって、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクを軽減する効果が期待できます。

また、セサミンは、女性ホルモンの一種のエストロゲンと同じような働きがあるため、更年期障害の改善にも役立つのだとか。

このほか、高血圧の予防、ガンの予防、白髪の予防・育毛などの効果があるといわれています。

ゴマリグナンのそのほかの成分

ゴマリグナンは脂溶性の抗酸化物質で、脂質が酸化するのを防いでくれます。

ゴマリグナンにはセサミンのほかにセサミノール、セサモリン、セサモールなどが含まれます。

ゴマをすったり、炒ると、化学変化によって、こうした成分へと変わっていきます。

このうち、セサミノールは、強い抗酸化作用があるとされているのですが、ゴマそのものよりも、ゴマ油のほうが、吸収率がいいようです。

また、ゴマリグナンは、ビタミンEと一緒に摂取すると、ビタミンEの分解を抑え、体の隅々にまで成分を運んでくれるので血行がよくなり、冷え性の改善にも役立ちます。

ゴマリグナンは、抗酸化作用のほか、便秘や疲労回復、アンチエイジングにも効果が期待できます。

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ