今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

ごまちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » セサミンが持つ多様な効果をチェック!|ゴマちゃんと学ぶセサミン » お酒が残るようになったかも

お酒が残るようになったかも

「若い頃からお酒が好きで、良く飲んでいたんだけれど、最近、ちょっと飲み過ぎただけでもお酒が残ってしまうのよね。やっぱり年のせいかしら……」

年齢とともに体の機能は衰えていくので、お酒が残るようになったというのも加齢につきものの悩みです。

しかし、翌日にもお酒が残ってしまうというのは、加齢だけが原因ではありません。アルコールを分解する肝機能自体が、低下している場合もあるのです。

セサミンはお酒をよく飲む人にもオススメです。ここではセサミンと肝臓の関係について解説します。

肝臓の役割とは?

ゴマちゃんイラスト

そもそも肝臓の基本的な機能とは、どのようなものがあるのかを見てみましょう。

代謝

代謝と言っても少しわかりにくいですが、簡単に言うと食べ物の栄養を体が吸収しやすい形に分解と変化させることをこう呼びます。もう少し詳しく説明すると、私たちの体は食べ物を食べても、その栄養素を直接吸収することができません。

ですから、食べたものは胃や腸で消化して吸収した栄養を、肝臓は体が取り入れやすい形にして溜めておきます。必要な時には血液によって必要な臓器などに運ばれる、これが代謝です。

解毒

肝臓は、アルコールや薬といった体にとって害のある物質を分解することで、毒性を低くする、いわゆる解毒という役割をします

胆汁の生成や分泌

胆汁というのは、脂肪やタンパク質の分解を早めて消化吸収を助ける役割をします。肝臓はこの胆汁を生成し、分泌します。

肝臓とアルコールの関係

アルコールが翌日まで残るのは、年齢のせいだけでなく、肝臓の機能の低下という場合もあると言いました。肝臓はアルコールを分解して毒性の強いアセトアルデヒドに変えます。アセトアルデヒドはさらに分解されて酢酸になり、酢酸は水と二酸化炭素に分解され、尿となって体外へ排出されます。

加齢によって肝臓の働きが低下すると、アルコールを分解する早さが遅くなります。このため若い時は数時間で分解されたアルコールが、年齢を重ねるとこの時間が長くなり、場合によっては翌日になっても分解されなかったアルコールが体内に残ってしまい、二日酔いが起こるといわれています。

頭痛や吐き気など、二日酔いのおもな原因はアセトアルデヒドだといわれています。[注1]

肝機能が低下すると体にはどんな変化が起こるの?

体 だるい

肝臓は一般的に痛みなどを感じにくいので、「沈黙の臓器」とも呼ばれて、知らない間に病状が進みかなり進行するまでわからないということが多い臓器だと言われています。

肝機能が低下した場合に起こりえる状態を、あげてみますので、チェックしてみてください。疲れや風邪などとも似ていますが、次にあげる状態が頻繁に起こるようなら、もしかしたら肝機能が低下しているのかもしれません。

  • 疲れが抜けない
  • だるい
  • 二日酔いになりやすい
  • 食欲の低下
  • お腹の張り
  • 足のむくみ

肝臓の機能が低下すると、通常ならば体に害のあるものは老廃物として体外に排出されますが、体に残ってしまい、だるいとかむくみが解消されないというような状態になることがあるようです。

また肝臓は代謝という役割もありますが、その機能が低下すると、栄養素がうまく吸収されないため体の必要なところにエネルギーが送られないので、疲れが残ったり、食欲がなくなるということが起こるようです。[注2]

低下した肝臓機能をアップさせるにはどうしたら良い?

肝臓が低下すると少しずつではありますが、体の変化がおこり自分でもどこか変だと感じるようになるようです。そういった時は、少しでも肝臓への負担を減らすようにするのが良いといいます。肝臓の負担を減らすために、簡単にできることを紹介しましょう。

バランスの良い食生活

仕事や健康維持のために、1日に5,6回などに食事を分けていたり、おやつなど間食が多いと肝臓は休みなく働き続けなくてはならないので負担が大きくなると言います。肝臓を労るためには1日3食の規則正しい食生活をして、お腹いっぱいではなく八分目を目安に食べることをおすすめします。

アルコールは飲みすぎない

アルコールをダラダラ飲んだり、飲みすぎてしまうと肝臓に負担をかけるようです。

よく噛む

よく噛むと食べ物が小さくなるので、消化しやすくなります。またよく噛むと唾液がたくさんでますが、この唾液には胃の粘膜を守ったり、抗菌や炎症を抑える働きがあります。肝臓への負担を減らすには、よく噛んで食べましょう。[注3]

肝臓の機能を高める効果が期待されるセサミン

肝臓の機能を維持したり、低下から守ると言われているサプリメントに、ゴマの成分の1つであるセサミンがあります。よくアルコールを飲むという人や、肝機能の維持に最近人気の成分ですが、実際にアルコールを飲んだ時に変化があるのか疑問という人もいるのではないでしょうか?そこで次にアルコールの代謝について、セサミンを使った実験について説明します。

4週齢のラットを2群に分けて、1群(A群)には普通食、もう1群(B群)には0.5%セサミン強化飼料を16日間与えた後、20%エタノールの経口投与、血中アルコール濃度を測定した実験で、B群のエタノール消失速度がA群に比べて著しく大きいことが確かめられています。

出典:『ゴマの微量成分とアルコール代謝-セサミンの生理活性を中心として-』 秋元 健吾・清水 昌
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1988/89/10/89_10_787/_pdf

よく似た結果は、ヒトを対象に行われた実験でも得られています。健常な男性被験者(ALDH2欠損型=アルコールを分解する酵素の1つが欠損。

顔面紅潮などの症状が出やすいタイプ)を2群に分けて、1群(A群)にはセサミン100㎎/日を7日間投与、もう1群(B群)にはセサミンを含まないチョコレートを7日間投与して、ウイスキーをストレートで各人の限界量まで飲酒させた実験で、A群のほうがB群に比べ顔の表面温度の低下速度が速いことが確かめられています。(※サーモグラフィーで計測した顔面表面温度を酔いの程度の指標として評価)

以上の結果などから、セサミンのアルコールの代謝についての働きを、ご理解いただけたのではないでしょうか?お酒が残りやすくなった方は、セサミンに注目すると良いでしょう。

セサミンはサプリメントからの摂取がオススメ

セサミンの活用を検討している方の中には、お酒の肴にゴマを利用しようと考えている方がいるはずです。

確かにゴマにはセサミンが含まれていますが、その量はごくわずかで、含有量は多いものでも0.5~1.0%程度と考えられています。

こういったことからゴマから十分な量のセサミンを摂ることは実質とても難しいといえます。そこでオススメなのが、セサミンをギュッと詰め込んだサプリメントです。

サプリメントを利用すれば、手軽に十分な量のセサミンを摂れます。最近肝臓の調子が…という人は、セサミンのサプリメントをいくつかご紹介しますので参考にしてみてはいかがでしょうか。[注4]

[注1]厚生労働省 e-ヘルスネット:アルコールの吸収と分解

[注2]公益財団法人 大阪がん循環器病予防センター:肝機能[pdf]

[注3]EAファーマ株式会社:肝臓に優しい食事と生活[pdf]

[注4]公益社団法人 日本ビタミン学会:セサミンの抗酸化作用[pdf]

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ