今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

ごまちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » 盛りだくさん!セサミンが持つ9つの作用と効果 » 血圧も高めだって言われた

血圧も高めだって言われた

高血圧と活性酸素

ゴマちゃんイラスト

高血圧と活性酸素は密接な関係にあると考えられています。例えば、活性酸素は、血管を弛緩するNOと結びつき、高血圧を引き起こす原因になると考えられています。

また、活性酸素には悪玉コレステロールを酸化させる働きもあります。

酸化した、悪玉コレステロールが血管の内側にこびりつくと、血液の通り道が狭くなるため、これまでと同じ量の血液が通るだけで血管壁に高い圧力がかかってしまいます。

これらの理由から、活性酸素は高血圧と密接な関係にあると考えられているのです。

活性酸素を除去するセサミン

活性酸素の発生を抑える働き、あるいは活性酸素を除去する働きを抗酸化力といいます。抗酸化力に優れた成分がセサミンです。セサミンは、肝臓まで消化や酸化をされることなく届き、肝臓や血管で強力な抗酸化力を発揮します。

セサミンがヒトの身体で活性酸素を除去する働きは、過去に行われた実験で確かめられています。サントリー健康科学研究所が行った健康な成人男性にセサミンカプセル(36㎎)を摂取させて、血漿中の過酸化脂質濃度を測定した実験があります。

摂取2時間後から自転車エルゴメーターで最高心拍数の80%以上の運動を20分間継続させた後計測した結果、過酸化脂質の上昇がほぼ完全に抑制されることが確かめられています。高血圧や活性酸素が気になる方はセサミンを活用するとよいかもしれません。

抗酸化成分の中でもセサミンがオススメの理由

セサミン以外にも抗酸化力を発揮する成分はあります。これらの成分とセサミンの違いは、肝臓まで消化・酸化されることなく届いて抗酸化力を発揮する点です。

セサミン以外の抗酸化成分の多くは、肝臓に届く前に消化や酸化をされてその働きを発揮できないと考えられています。

セサミンであれば、必要な場所まで届いてから抗酸化力を発揮できます。だから、数ある抗酸化成分の中でもセサミンがオススメなのです。

セサミンは血管を広げる

セサミンが高血圧に効果が期待できるとされる理由は、活性酸素を抑制するだけでなく、血管を広げる作用があるからです。活性酸素は悪玉コレステロールを酸化させて血管の通り道を狭くさせます。

ですがそれ以上に、血管自体を傷つけて硬くさせ、破れやすい状態にしてしまう作用があります。そのため、更に血圧が上がりやすくなるのです。

セサミンを飲むと血管自体が広がり血液が通りやすくなるので、血圧が下がることが期待できます。

また、セサミンが肝臓まで届くことで「生体内代謝」が起きます。この生体内代謝で生成された物質には活性酸素を抑制する物質が含まれています。そのため、動脈硬化を予防するだけではなく、血圧を下げることもできると言われています。

セサミンを摂取することで、抗酸化作用、血管を広げる作用、生体内代謝という3つ作用によって血流が改善。高血圧を予防することが期待できるわけです。

セサミンはサプリメントから摂りましょう

セサミンは、ゴマに含まれるゴマリグナンのひとつです。ゴマを含む食品から摂れますが、食品から摂取することは現実的ではありません。

ゴマに含まれる量がごくわずかだからです(多くてもゴマの0.5~1.0%と考えられています)。ゴマから抽出したセサミンをギュッと詰め込んだサプリメントであれば、十分な量を手軽に摂ることができます。

毎日、確実にセサミンをとりたい方は、サプリメントから摂取してみてはいかがでしょうか。

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ