今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

セサミンサプリメントを比較してみました

ゴマちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » セサミンが持つ多様な効果をチェック!|ゴマちゃんと学ぶセサミン » セサミンのコレステロールへの効果

セサミンのコレステロールへの効果

セサミンとコレステロール値の関係について解説しています。

セサミンとコレステロールにはどんな関係があるの?

LDLコレステロール

「最近、夫の健康診断のコレステロール値が気になるのよね。食事には気をつけているつもりなんだけど……。どうしたらいいかしら」

コレステロールとは、骨や筋肉をつくる細胞膜や、ホルモン、消化吸収を助ける胆汁酸の材料になるもので、人間の身体にはなくてはならないもの。

コレステロールには、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)がありますが、高くなって困るのは、悪玉コレステロール値です。

LDLコレステロールは、体内にコレステロールを運ぶ働きをしているのですが、コレステロールの量が、細胞の必要としている量よりも多くなると余ってしまい、血管の内側にたまってしまいます。すると、動脈硬化などを引き起こす原因になってしまうのです。

一方のHDLコレステロールは、余ったコレステロールを回収する働きがあります。善玉コレステロールが多くなれば、悪玉コレステロールが増えるのを押さえてくれるのです。

悪玉コレステロールが増える原因には、食べ過ぎ、運動不足、喫煙、過度のアルコール摂取、遺伝などがあります。

悪玉コレステロールが増えると、動脈硬化のほか、脳卒中、狭心症、心筋梗塞、動脈瘤などの病気のリスクが高くなるといわれています。

セサミンがコレステロール値を下げる理由

ゴマちゃんイラスト

体の中のコレステロールの多くは、肝臓で作られているんだ。

肝臓の機能が低下すると、栄養の代謝がスムーズにできなかったり、エネルギーを体内に供給することができなくなったりしてしまうんだよ。そうすると、肝臓は悪玉コレステロールを多く作りだしてしまうんだ。

セサミンには、悪玉コレステロールを減らす働きがあるといわれているけど、それは、セサミンが肝臓の働きを高めているからなんだ。

肝機能が高まると、善玉コレステロールが多くなり、コレステロール値が改善するといわれているんだよ。

ほかに、コレステロール値を下げる方法として、食事の量を見直す、適度な運動をする、アルコールやタバコを控えめにすることも有効だよ。

健康診断でコレステロール値に異常があった場合には、まずは病院の先生に相談してみよう。

肝機能を上げてコレステロール値をコントロールすると考えられている

年齢を重ねると、体内の酸化作用の影響や新陳代謝の低下が原因となり、悪玉コレステロール値は上昇していく傾向にあるようです。コレステロール値は高すぎても少なすぎてもよくなく、悪玉コレステロールの場合は高くならないようにしなければなりません。

「コレステロール値を下げる」とは、正確に言えば「悪玉コレステロールの値だけを下げる」ということになります。

悪玉コレステロール値は肝臓でコントロールされています。

そのため、肝臓の機能が低下すると、悪玉コレステロールが管理できなくなり、体内の悪玉コレステロール値が次第に上がっていきます。この積み重ねで、肝臓の細胞内に脂肪がつくようになります。

そこで肝機能を向上させるセサミンを摂取し、肝臓を回復させることによって、悪玉コレステロール値の操作を促進できるといわれています。間接的ではありますが、体の環境を良くするためにセサミンは役立っていると考えられているのです。

[注1]兵庫県医師会:LDLコレステロール(悪玉コレステロール)とは

アルコール代謝を促し悪玉コレステロールの分解まで手が回るようにする

人間の身体の衰えは活性酸素が原因です。特に代謝の要となる肝臓は、活性酸素がたくさん発生している臓器。活性酸素は、肝臓の細胞を傷つけて機能を低下させてしまいます。

肝臓は、コレステロールの分解よりもアルコールの解毒を優先的に行います。そのため、アルコールの過剰摂取は身体に必要なエネルギーの貯蓄を遅らせ、アルコール解毒が滞っているとコレステロールの分解がうまくいかなくなるのです。[注2]

しかし、セサミンには肝臓のアルコール代謝を促進させる機能があります。そのため、セサミンを積極的に摂取することで、優先順位の低い悪玉コレステロールの分解にまで手を回すことができるようになります。

また、セサミンを摂取すると脂肪酸の分解が進むことも判明し、脂肪肝を予防してくれるという可能性も示唆されました。

そんな身体のコレステロール値をほどよいバランスに保つ役割が、セサミンには秘められているのです。

[注2]聖隷福祉事業団 保健事業部:肝臓にやさしい食事

コレステロール減少にオススメなセサミン配合サプリ

コエンザイムQ10+セサミンE

コエンザイムQ10+セサミンEは、身体のほぼすべての細胞に含まれていてエネルギー生産のサポートをするコエンザイムQ10とゴマ1粒にわずかしか含まれない希少成分・セサミン、脂質の酸化を防ぐビタミンEを配合したサプリメントです。

コエンザイムQ10は加齢とともに減少するので外から補わないと十分なエネルギーを作り出せなくなります。セサミンには、コエンザイムQ10を効率よく届ける働きがあります。

これらの働きを期待できるので、コエンザイムQ10+セサミンEは、健康値が気になる方や活力ある毎日を取り戻したい方などにおすすめされています。定期お届けコースを利用すれば、90粒入り/30日分を10%オフの4,950円で購入できます。

悪玉コレステロールが気になるときに摂取したいセサミン

セサミン

身体の中でコレステロールを作る臓器が肝臓です。肝臓の働きが低下すると、コレステロールを上手く作り出せなくなるため悪玉コレステロールが増えます。

活性酸素の働きで悪玉コレステロールが酸化すると、血管の内側にこびりついて動脈硬化を引き起こす恐れがあります。

悪玉コレステロールが気になるときに摂取したい成分がセサミンです。セサミンは、強力な抗酸化作用で肝臓の働きを助けるとともに、悪玉コレステロールの酸化を防ぐと考えられています。

サントリーが行ったセサミン・ビタミンE・トコトリエノールを含有する食品を8週間継続摂取する実験で、悪玉コレステロールの酸化が改善することが確かめられています。この結果から、セサミンには、生体内の抗酸化作用を高める働きがあると考えられています。

抗酸化成分の中でもセサミンがオススメの理由

セサミン以外でも抗酸化成分はあります。これらの成分も活性酸素の発生を抑える働きや活性酸素を除去する働きがあると考えられます。

ただし、身体の中でこのような働きを十分発揮するとは言い切れません。抗酸化成分の多くが肝臓に届く前に消化・酸化されてしまうからです。

セサミンは、途中で消化・酸化されることなく肝臓まで届き、ヒトの身体で抗酸化作用を発揮することが確かめられています。そのことから、数ある抗酸化成分の中でセサミンがお勧めされているのです。

セサミンを摂るときはサプリメントで

セサミンは、できるだけサプリメントで摂ったほうが良いと考えられます。もちろん、ゴマから摂ることもできますが、ゴマに含まれる量は全体の0.5~1.0%程度です。

十分な量を摂ろうと思うと、毎日大量のゴマを食べる必要があります。サプリメントであれば、いつでも手軽に十分な量のセサミンを摂ることができます。

良いと分かっていても、手軽でなければ続けられません。セサミンが気になる方はサプリメントを利用すると良いでしょう。

セサミンのサプリの比較はこちら

セサミンだけに頼らず生活習慣からの改善をしましょう

セサミン単体でコレステロール値を正常に戻すことは不可能

いかにセサミンにコレステロール値を改善させる働きがあろうとも、セサミン単体を摂取するだけでコレステロール値が正常化する、というわけではありません。

確かに、セサミンには悪玉コレステロールを減らす作用があります。しかしながら、セサミンは医薬品ではありません。セサミンだけを摂取して何らかの症状を改善させることは、基本的に不可能です。これは、セサミン以外のあらゆる健康成分に共通して言えることです。

肝機能の向上作用は数値改善の一助になる

ただし、すでに説明した通り、セサミンに肝機能を向上させる作用があることは確かです。悪玉コレステロールの大半が肝臓で生成されている事実に鑑みれば、セサミンがコレステロール値の改善に寄与することは間違いありません。

セサミンだけでコレステロール値を正常に戻すことはできませんが、セサミンが数値を正常に戻す一助となることは理解しておきましょう。

乱れた生活習慣・食習慣を見直しつつセサミンを摂取する

コレステロール値が異常となる主な原因は、過食や運動不足、喫煙、飲酒などです。これらのベースを見直さずして、いかにセサミンをたくさん摂取したとしても、数値の改善には限界があります。

コレステロール値を正常化させるためには、まず乱れた生活習慣や食生活を見直す必要があるでしょう。生活習慣・食生活の乱れを改善させながらセサミンも摂取する、という発想を持ってください。

まずは食生活を振り返ってみよう

悪玉コレステロール値を低下させるためには、肝臓の機能を向上させることが有効です。肝臓の機能を向上させる成分の一つとして、セサミンの働きを紹介しました。

しかしながら、肝機能を向上させるための有効な成分は、セサミンだけではありません。各種のビタミンやミネラルはもちろんのこと、タンパク質も非常に大事な成分です。

コレステロール値に異常が見られた方は、今一度、ご自身の食生活を振り返ってみてください。単に食べ過ぎというだけではなく、栄養バランス自体が偏っている可能性があるかも知れません。

規則正しい食事と豊富な栄養素の摂取を前提にし、加えてセサミンも摂取する、という姿勢で臨みましょう。

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ