今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

セサミンサプリメントを比較してみました

ゴマちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » セサミンが持つ多様な効果をチェック!|ゴマちゃんと学ぶセサミン » セサミンの疲労回復効果

セサミンの疲労回復効果

疲れが取れずにお悩みの方、必見!セサミンの疲労回復効果について解説していきます。

疲れの原因とセサミンがオススメの理由

「しっかり寝ても疲れが残る」「疲れが取れずやる気が出ない」などにお困りの方は、セサミンに注目するとよいかもしれません。

疲れの原因といわれているのが活性酸素です。活性酸素は、細胞が栄養を酸素で燃やしてエネルギーを作り出すときに生じます。ヒトの身体には活性酸素を取り除く働きが備わっていますが、この働きは加齢とともに低下します。処理できないほどの活性酸素が生じると細胞がさびてエネルギーを上手く作り出せなくなります。その結果、「疲れ」を感じることになるのです。心身にストレスがかかると大量のエネルギーが必要になるので、比例するように多くの活性酸素が発生します。また、活動が活発な臓器ほど活性酸素が生まれやすいとされています。

このような疲れにオススメされているのがセサミンです。セサミンは、肝臓まで分解・酸化されることなく届き強力な抗酸化力を発揮します。活動量の多い肝臓は、活性酸素が特に発生しやすい臓器です。セサミンの疲労感改善に対する効果は、サントリーが日常的に疲れを感じる30~69歳の健常男女324名を対象にセサミン含有カプセルを摂取させた実験で確かめられています。この実験では、寝つきが良くなる、眠りの質が高まるなどの効果を確認しています。効果は40代以上で著明だったようです。

参照:最新研究で分かってきた「疲れの正体は活性酸素」
http://health.suntory.co.jp/professor/vol24/


ゴマの希少成分の効果|老化を、科学する。サントリーウエルネス
http://health.suntory.co.jp/rouka/04/hirou.html


セサミンの抗酸化作用
http://ci.nii.ac.jp/naid/110002880367

疲労回復になぜセサミンがいいのか

疲労の原因の大半は肝臓の疲れ

セサミンが疲労回復に良いという理由を見る前に、まずは疲労の原因を理解しておこうね。

結論から言うと、体の疲労の原因の多くは、肝臓の疲れにあるんだ。肝臓は、食事から摂った栄養素をエネルギーに変えたり、アルコールを分解したりなどの代謝機能を司る器官。暴飲暴食は肝臓に負担を与えるので、注意が必要だよ。

お酒を飲み過ぎた翌日、全身が倦怠感や疲労感に襲われることがあるよね?その原因は、肝臓が疲れているからに他ならないんだ。肝臓を疲れさせないことこそ、体を疲れさせないための基本だと思っておいてね。

セサミンは肝機能を高めて疲労回復に貢献

肝臓を疲れさせないためには、暴飲暴食をしないことがポイントであることが分かったね。でも現代人に特有の生活の中で、時には暴飲暴食をしてしまうことだってあるはず。あるいは、暴飲暴食をしなくても、加齢などの影響によって肝機能自体が低下していることだってある。

そんな現代人の救世主がセサミンだ。口から摂取されたセサミンが向かう場所は、まさに肝臓。肝臓の中で発生している有害物質の活性酸素を強力に除去するのが、セサミンなんだ。

セサミンで活性酸素を除去されれば肝機能が向上。結果として体の疲労回復につながる、ってわけだ。

睡眠や休息も大事

疲労回復を助ける夢のようなセサミンだけど、でもセサミンを摂るだけで全く疲れ知らずになるというわけではないので、その点は注意してね。

肝臓の疲れが全身の疲れにつながることは事実だけど、それ以前に、体そのものの疲れが全身の疲れの最大の原因になっていることは、言うまでもないよね?

毎日、きちんと睡眠や休息を取っている?睡眠や休息が足りないとストレスが溜まって、全身に活性酸素が生まれやすくなるんだ。活性酸素は疲労の原因物質の一つ。疲労を回復させるためには、毎日十分な睡眠・休息を取るようにしようね。

適度の運動も習慣化しよう

運動すると体が疲れるわけなんだけど、だからと言って、運動不足も良くないよ。筋肉を激しく使うハードな運動は必要ないけど、ウォーキングなどの軽い有酸素運動は疲労回復に効果的だ。無理のない程度に、毎日の有酸素運動を習慣化してみたいところだね。

ただし、十分な睡眠や休息を取って、適度に運動もして、セサミンも飲んで…、という生活を続けていても、まったく疲労感が体から抜けない場合には、何らかの病気の可能性も否定できない。疲労が全然抜けない人は、一度、医療機関を受診してみたほうがいいかも知れないね。

セサミンを摂るならサプリメントがオススメ

ゴマ以外にも抗酸化物質を摂れる食品はありますが、その多くは肝臓に届く前に分解・酸化されてしまうといわれています。つまり、抗酸化作用を期待できても実際に働かないことが多いのです。セサミンであれば、ヒトの身体で活性酸素を除去する効果が確かめられています。

セサミンはゴマを含む食品から摂れますが、ゴマに含まれる量は多くても0.5%~1.0%程度です。ゴマから十分な量のセサミンを摂るのは難しいと考えられています。そこでおすすめなのがセサミンを凝縮したサプリメントです。サプリメントを利用すれば、大量のゴマを食べなくても十分な量のセサミンを摂ることができます。疲れが気になる方は、セサミンをギュッと詰め込んだサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

セサミンだけに頼らず生活習慣からの改善をしましょう

セサミン単体で疲れ知らずの体にはならない

先にも少し触れましたが、いかに毎日セサミンを飲んでいるとは言え、それだけで疲れ知らずの体になるわけではありません。この点はくれぐれも誤解のないようにしてください。

セサミンのほかにもビタミンBが疲労回復成分として有名ですが、ビタミンBとてセサミンと同様に、それだけを摂取していても疲れ知らずの体は得られません。いかなる成分であれ、それ単体を摂取しているだけで疲れ知らずになる、ということはないのです。

セサミンが全身疲労解消の一助になることは確か

全身疲労の主要な原因の一つは、肝臓疲労にあります。過食や過剰なアルコール摂取などによって肝臓が疲労すると、全身が疲労を感じることになります。セサミンは、この肝臓疲労を回復させる強い働きがある成分。よって、セサミンを摂取することが、全身疲労の改善の手助けになることには間違いありません。

ただし、繰り返しますが、セサミンの摂取だけで全身疲労を解消させることは困難です。あくまでも「全身疲労の解消の一助となる」と理解しておくようにしましょう。

食生活や生活習慣を見直すことが疲労回復のためのベース

全身疲労の原因の一つでもある肝臓疲労。セサミンには肝臓疲労を回復させる働きがあると説明しましたが、肝臓疲労を回復させるとされる成分は、セサミンだけではありません。

肝臓が働くためのエネルギーはタンパク質です。タンパク質を十分に摂らずして、いかにセサミンをたくさん摂取したとしても、肝臓疲労の回復には限界があります。ほかにも、肝臓疲労の回復のためには、肝臓に良いとされるビタミンB群や食物繊維などを十分に摂るべきでしょう。

加えて、睡眠不足やストレス、喫煙などの乱れた生活習慣も肝臓疲労の重大な原因の一つです。肝臓疲労の解消を目指し、食生活とあわせて生活習慣の見直しも図るようにしましょう。

特に規則正しい食事とまんべんなく栄養を摂取するのが大事

効率的な疲労回復を図るためには、特に食生活に気を付けることが大事です。セサミンを摂ることは大事ですが、他にも大事な成分はたくさんあります。

規則正しい食生活の中で、さまざまな栄養素をバランス良く摂ることこそ疲労回復への近道。バランスの取れた食生活の一環の中にセサミンを採り入れる、というスタンスが理想的です。

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ