今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

セサミンサプリメントを比較してみました

ゴマちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » セサミンが持つ多様な効果をチェック!|ゴマちゃんと学ぶセサミン » セサミンで二日酔い対策

セサミンで二日酔い対策

二日酔い

付き合いでお酒を飲みすぎて二日酔いになることはありますよね。

お酒を飲みすぎたときにオススメなのがゴマの希少成分・セサミンです。

セサミンにはどのような働きを期待できるのでしょうか。セサミンと二日酔いの関係について解説いたします。

二日酔いの原因はアセトアルデヒド

お酒を飲みすぎた翌日に現れる頭痛や胸やけ、吐き気などの不快な症状を二日酔いといいます。二日酔いの原因はお酒の飲みすぎですが、お酒に含まれるアルコールが直接の原因になるわけではありません。

お酒に含まれるアルコールは、肝細胞に存在するミクロソームエタノール酸化系やアルコール脱水酵素の働きによりアセトアルデヒドに分解されます。アセトアルデヒドは人体に悪い影響を与える有害物質です。

アルコールの分解で生じたアセトアルデヒドは、アルデヒド分解酵素の働きで人体に無害な酢酸に分解されます。酢酸は、血液に乗り全身を巡る過程で水と炭酸ガスに分解されて排出されます。

二日酔いの原因は、アルコールの分解によりできたアセトアルデヒドを処理しきれないことです。アセトアルデヒドの影響で、頭痛や胸やけ、吐き気などの症状が現れます

つまり、身体に備わるアセトアルデヒドの処理能力を上回るほどお酒を飲んだときに二日酔いになるといえます。

(※酔いは、血液に乗って運ばれたアルコールが脳を麻痺させることで生じます。飲酒中にアセトアルデヒドが増えると、酔いと重なり不快な症状につながります。)

セサミンによる二日酔いに対する作用

昔から言い伝えられていた、ごまが持つ二日酔い防止効果。ラットを使った研究により、その効果が科学的に立証されました。

ラットにセサミン入りのオリーブ油を摂取させたところ、アルデヒド脱水酵素(ALDH)の発現が3~4倍に上昇したことが確認されたのです。[注1]

二日酔いが起こるメカニズムは完全に明らかにはなっていませんが、アルコールの分解にともなって発生するアセトアルデヒドという物質が、肝臓で解毒されずに残ってしまうことが原因という説が有力視されています。

今回の実験で発現が確認されたアルデヒド分解酵素とは、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドを分解する酵素のこと。

つまり、セサミンを摂取することでアセトアルデヒドの分解が活発になり、二日酔いの緩和・回復が期待できることになります。

なお、この実験ではセサミンが脂肪肝の予防にも役立つ可能性があると指摘されています。

脂肪肝は角の飲酒によって引き起こされる疾患ですので、お酒を飲む人にとって救世主的存在と言えるでしょう。

[注1]公益社団法人 日本ビタミン学会:セサミンの抗酸化作用[pdf]

セサミンによる二日酔い回復の効果

以上の通り、セサミンには二日酔いの緩和や回復などに役立つ可能性があります。そこで気になるのが、どれくらいの効果を期待できるかです。セサミンに期待できる効果は、次の実験などから推測できます。

飲酒後の血中アルコールの消失速度に対するセサミンの効果を評価する目的で、ウイスター系ラットを2群に分け1群には普通食、もう1群には0.5%セサミン強化飼料を16日間与え、20%エタノール(1g/㎏)の経口投与後、血中アルコール濃度を測定した。

この実験により、セサミン投与群のエタノール消失速度は普通食を摂取した群に比べ著しく大きいことが確かめられた。

また、次の実験も参考にすることが出来ます。

健常な男性被験者(ALDH2(アルデヒド脱水酵素)欠損型=お酒を飲むと顔が赤くなりやすいタイプ。)にセサミン(100㎎)を含むチョコレートとプラセボを7日間投与。ウイスキーをストレートで各人の限界量(平均60ml)まで飲酒させた。酔いの程度の指標としてサーモグラフィーで顔の表面温度を測定・比較した。全被験者で顔の表面温度は急速に上昇、30分でピークを迎え、徐々に低下した。温度の低下速度を比べるとセサミンを摂取した被験者の方が明らかに速かった。

出典:『ゴマの微量成分とアルコール代謝-セサミンの生理活性を中心として-』 秋元健吾・清水昌
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbrewsocjapan1988/89/10/89_10_787/_pdf

以上の実験などから、セサミンにアルコール代謝を促進する働きやアルデヒドの分解を助ける働きなどを期待できることが分かります。

二日酔いをどの程度緩和する、回復するかは明らかになっていませんが、二日酔いのメカニズムから考えて一定の効果を期待できるものと推測できます。

特に注目するべきは、ALDH2欠損型の方で顔の表面温度の低下速度が速くなっていることです。この結果から、セサミンはお酒に弱い方などでも役立つ可能性があると考えられます。

付き合いなどでお酒の量が増える方は、セサミンを携帯しておくとよいかもしれません。

適量のお酒は百薬の長と呼ばれており、ストレスの軽減や食欲増進、抑うつ状態の軽減、就寝の促進など多くの効果が知られています。近年では、 冠動脈効果を抑制するHDL-コレステロールが、適量のエタノール摂取によって増加する事が明らかになり、成人病に対する予防効果が注目されています。

一方でセサミンには、エタノール代謝促進や二日酔い予防、エタノール性肝障害の軽減効果があるとされており、マウスを用いてのエタノールの筋弛緩作用に及ぼすセサミンの影響実験も行われています。この実験の内容を分かりやすく説明すると、予めセサミンを摂取している場合マウスとそうでない場合マウスが、お酒を飲んで酔っ払った状態、そして二日酔い状態からの回復にどのような差異があるかというのを調べています。

実験ではまず、0.5g/kgと1.5g/kgのエタノールを投与されたマウス群をそれぞれ用意した場合、その回復の差は以下のような結果になっています。0.5g/kg投与されたマウス群は約3時間で正常に戻り、1.5g/kg投与マウス群は約5時間後から徐々に回復の傾向を示しました。

つまり少量のお酒を摂取したマウスたちは約3時間でお酒が抜け、多量のお酒を摂取したマウスたちは約5時間後からようやくお酒が抜け始めるという結果です。

この結果を踏まえ、予め500mg/kgをセサミンを7日間、および14日間投与されたのち、1.5g/kgのエタノールを注入したマウス群は、エタノール単独投与マウス群にくらべ筋弛緩は軽減されて、回復も促進するという結果になりました。また、セサミンを7日間投与されたマウス群と14日間投与されたマウス群には大きな差は認められませんでしたが、14日間投与されたマウス群は血中エタノールの時間当たりの消失率が91.9%とエタノール代謝において促進傾向を示していました。

さらに、6g/kgのエタノールを単回前投与し24時間経過したマウスに筋弛緩試験を行った場合もエタノール単独投与マウス群に比べて軽減され、回復についても優位に促進が認められました。

つまり、セサミンをあらかじめ摂取を続けている事でベロベロに酔っぱらうような状態になりにくいので二日酔いにもなりにくい上、お酒が回った状態からの回復も早いという事を示しています。

出典:『エタノールの筋弛緩作用に及ぼすセサミンの影響』 楊志博・諏訪芳秀・平井孝一・豊田佳子・浅見純生・田中隆治
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsnfs1983/48/2/48_2_103/_pdf

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ