今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

ごまちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » 老化を撃退!セサミン効果で解決できる9つのお悩み » いつまでも健康でいるために

いつまでも健康でいるために

活性酸素が一因になっていると言われる病気があります。セサミンの活性酸素を除去する働きで、こうした病気のリスクを軽減できるかもしれません。

抗酸化作用で動脈硬化のリスクが減らせる?

活性酸素は、本来、ウイルスや細菌から体を守るという働きがあります。けれども、増えすぎてしまうと、細胞膜を酸化させてしまい、過酸化脂質という物質に変えたり、細胞内部のDNAなどを攻撃してしまいます。

病気によっては、活性酸素によってそのリスクが高まる場合があります動脈硬化がその代表例です。

動脈硬化の原因は、加齢により、血管が硬くなることにあります。また、悪玉コレステロールが増えることで、動脈硬化を悪化させてしまうことがあります。

血液中に増えすぎた悪玉コレステロールは血管の壁に入り込み、やがて血管の内側にコブを作ります。すると血管の内側が狭くなり、血流が悪くなってしまいます。

動脈が硬くなることに加えて、悪玉コレステロールによって血流が妨げられることで、血管内部が狭くなり、酸素や栄養が十分に行き届かなくなってしまいます。すると、臓器や組織が正しく機能しなくなってしまうのです。

また、日本の三大疾病のひとつであるガンも、活性酸素によって発生リスクが高まる病気です。活性酸素によって細胞内のDNAが攻撃されると、細胞のコピーが正しく行われず、異常な細胞が作られてしまいます。こうした細胞が増えることで、ガンを発生すると考えられています。

認知症にも、活性酸素が影響しているといわれています。活性酸素が増えると、脳の脂質が酸化し、老人斑ができます。老人斑は、脳の神経細胞から作られたたんぱく質が、βアミロイドというたんぱく質に変わり、これが大脳皮質などの神経細胞の周りに沈着してできます。認知症の人は、この老人斑が多いと言われ、活性酸素が認知症に影響を及ぼしているのではないかと言われています。

活性酸素が原因で発生すると言われている病気に対し、活性酸素を除去する効果のあるセサミンが注目されています。ただし、臨床実験などの結果が多いわけではなく、活性酸素を減らすことで、こうした病気のリスクが減らせるのではという予測の域は出ていません。

命にかかわらる重要な疾患については、必ず医師に相談をした上で、こういったケア方法を取り入れるようにしてくださいね。

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ