今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

セサミンサプリメントを比較してみました

ゴマちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » セサミンが持つ多様な効果をチェック!|ゴマちゃんと学ぶセサミン » セサミンと動脈硬化の関係

セサミンと動脈硬化の関係

活性酸素が一因になっていると言われる病気があります。セサミンの活性酸素を除去する働きで、こうした病気のリスクを軽減できるかもしれません。

抗酸化作用で動脈硬化のリスクが減らせる?

悪玉コレステロールの増加が動脈硬化を招く

セサミンによる動脈硬化の予防効果の前に、動脈硬化が生じるメカニズムを理解しておきましょう。

動脈硬化は、主に血中の悪玉コレステロールの増加によって引き起こされる症状。肝臓内で作られた悪玉コレステロールは、血液に乗って全身を循環します。その過程で血管を硬くし(動脈硬化)、徐々に血管を狭くしていきます。

血管が狭くなることで誘発される病気は、数知れません。心筋梗塞や脳卒中など、命に関わる病気を招くこともあります。

悪玉コレステロールを増やさないことが動脈硬化を予防する有効な手段、と理解してください。

悪玉コレステロールの生成を抑えるセサミン

コレステロールには、大きく分けると善玉と悪玉の2種類があります。これら善玉と悪玉のバランスが取れていることが、動脈硬化を予防するための前提です。

コレステロールの製造工場は主に肝臓。正常な肝機能が維持されていてこそ、善玉と悪玉のバランスが取れることになります。

ところが肝臓に活性酸素が増えてくると、肝機能は低下。肝機能が低下すると悪玉コレステロールの生成が促進され、やがては動脈硬化のリスクへとつながります。

セサミンは、肝臓に滞在して強い抗酸化力を発揮する成分。抗酸化力とは、活性酸素を除去する働きのこと。セサミンの抗酸化力によって肝機能を正常に維持することで悪玉コレステロールの生成が抑えられ、結果、動脈硬化の予防にもつながると考えられています。

活性酸素を除去することでほかの病気も予防

活性酸素は万病のもとと言われています。動脈硬化のほかにも、がんや脳卒中、心筋梗塞、狭心症、認知症など、さまざまな病気に深く関与しているのが活性酸素です。

体内で活性酸素を作り出している場所は、主に肝臓。セサミンには肝臓に発生した活性酸素を強力に除去する働きがあるため、セサミンを摂ると、体内をめぐる活性酸素の絶対量は減少します。活性酸素の絶対量が減れば、動脈硬化だけではなく、ほかのさまざまな病気のリスクも軽減されることでしょう。

優れた抗酸化力を発揮するセサミン

セサミン 抗酸化作用

老化や生活習慣病などに深く関わると考えられているのが活性酸素です。活性酸素は、酸素を燃やしてエネルギーを作り出すときに発生します。活性酸素は、生体内の成分と反応してタンパク質を変性させる、酵素を失活させる、過酸化脂質を生じる、遺伝子を傷つけるなどの影響を与えます。これらの結果、老化や動脈硬化、がんなどが引き起こされると考えられています。

私たちの身体には、活性酸素から身を守る防御システムが備わっています。この防御システムの働きは加齢とともに衰えます。

また、発生する活性酸素が多すぎると防御システムでは処理しきれません。活性酸素の影響を抑えるために取り入れたいのが抗酸化物質です。優れた特徴を持つ抗酸化物質がセサミンです。

セサミンは、試験管内でほとんど抗酸化作用を示しません。しかし、肝臓で代謝されると優れた抗酸化作用と過酸化脂質生成抑制作用を発揮します。つまり、セサミンは活性酸素が特に多く発生する肝臓まで届いてから抗酸化作用などを発揮するのです。この点が、他の抗酸化物質に比べ優れているといわれています。

セサミンの働きは、健康な成人男子にセサミンカプセル、ビタミンEカプセル、プラセボカプセルを摂取させて、2時間後から自転車エルゴメーターで最高心拍数の80%以上の運動を20分間継続させ、運動開始直前から経時的に採血して血漿中の過酸化脂質濃度を測定した実験で確かめられています。プラセボ摂取時は血漿中の過酸化脂質濃度が有意に上昇したのに対し、セサミン摂取時は過酸化脂質の上昇がほぼ完全に抑制されました。[注1]

負荷の高い運動をすると大量の酸素を消費するので大量の活性酸素が発生すると考えられます。実験結果から、セサミンは体内で発生した活性酸素を効率よく処理したと推測できます。老化や病気などの原因になる活性酸素が気になる方は、毎日の生活にセサミンを取り入れるとよいでしょう。

炒りゴマでもセサミンは減らない

スーパーなどで気軽に購入できるゴマは、炒りゴマが多くあります。セサミンの量は炒りゴマでもそこまで変化しません。

その理由はセサミンの高い安定性。ゴマを加熱しても炒りによって水分の含有量が減少しても、セサミンの減少はごくわずかです。また、ゴマを妙る過程では抗酸化物質であるセサモールが生成されるので、酸化しにくくもなります[注2]。

炒りゴマにもしっかりセサミンは含まれていますから、安心して炒りゴマからセサミンを摂取しましょう。

ゴマ油は熱してもセサミンが壊れない

ごま油 天ぷら

常温でも風味が長持ちしやすく、酸化しにくい調理油として有名なゴマ油。

本来ゴマ油とは、ゴマを焙煎してから搾油した濃褐色の油です。そしてゴマ油と非常に似通っているのがゴマサラダ油です。

見かけはサラダ油とほとんど一緒で、焙煎せずに圧搾して絞った油。白ゴマ油(太白油)などとも呼ばれています。ゴマ油として販売されているものには、両方がブレンドされているものもあります。

メーカーによってセサミンの含有量は異なりますが、焙煎したゴマ油でも、ゴマサラダ油でも、もちろんブレンドされたゴマ+ゴマサラダ油でも含まれます。

2種類の油で異なる点は、ゴマに含まれるゴマリグナンの一種、セサモリンは焙煎することでセサモールに変わる点。ですがこちらも抗酸化作用を持ちます。

ではゴマ油を加熱して天ぷらなどの揚げ物を行った場合、セサミンは残っているのでしょうか。熱に非常に強いので揚げ物レベルでの高温でも、セサミンはしっかり残っています。ゴマ油は、フライ後の油の酸化安定性も保持されるそうです[注2]。

加熱したり、絞ったり、水気を飛ばしたり、といった過程では、セサミンはほとんど失われないことがわかりました。

黒ゴマには希少な成分「黒ゴマポリフェノール」が含まれている

スーパーには黒ゴマ、白ゴマと並んでいますが、セサミンの含有量は少し変わってきます。

色が黒い食べ物は、色素が濃く、ポリフェノールが多く含まれています。ポリフェノールは抗酸化作用の一種。黒ゴマの皮からは、黒ゴマポリフェノールというゴマの1%ほどしかない希少な成分がとれます。

この成分は、強い抗酸化作用を誇るお茶に比べさらに抗酸化作用が強いことが発表されています。[注3]

セサミンは摂取が意外と難しい

セサミンは身近なゴマに含まれる成分です。しかし、含有量はごくわずかです。セサミンの含有量は、最も多いものでゴマの0.5~1.0%と考えられています。ゴマから十分な量のセサミンを摂るのは難しいといえます。

そこで利用したいのがセサミンを配合したサプリメントです。ゴマの希少成分・セサミンをギュッと凝縮しているので、手間をかけず十分な量のセサミンを摂ることが出来ます。オススメのセサミン配合サプリメントを紹介しているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

[注1]大阪大学 大学院薬学研究科・薬学部:食と健康のサイエンス[pdf]

[注2]一般社団法人 日本調理科学会:伝統食品「ゴマ」の調理加工からみた健康増進機能[pdf]

[注3]レオロジー機能食品研究所:ニューブラックピー

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ