今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

ごまちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » 老化を撃退!セサミン効果で解決できる11つのお悩み » なんだかイライラが続く…

なんだかイライラが続く…

イライラ、のぼせ、頭痛、めまい……その症状、更年期障害かもしれません。セサミンが更年期障害に及ぼす影響についてまとめています。

更年期障害にもセサミンがおすすめ

ミサコさんイラスト「最近、イライラすることが多くて……。もう40代も後半に差し掛かっているし、体調もあまり良くないことが多いし、これって更年期なのかしら?」

女性の閉経前後の約10年間が、更年期と呼ばれる期間です。日本人の女性の場合、50歳頃で閉経を迎えることが多いことから、45~55歳くらいが更年期となります。

更年期障害のおもな症状としては、ホットフラッシュと呼ばれるのぼせやほてり。顔や上半身が急に暑くなって、汗が止まらなくなったりします。

そのほか、イライラや肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、だるい、疲れやすい、腰痛、動悸などの症状があります。

更年期障害が起こる原因としては、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの急激な減少が挙げられます。ホルモンバランスの乱れが自律神経にも影響を及ぼし、更年期障害の症状として表れてくるのです。

女性ホルモンと同じような働きをするセサミン

ゴマちゃんイラスト

更年期障害は、女性ホルモンの減少によって起こるといわれているけど、セサミンは、体の中で、女性ホルモンと同じような働きをするといわれているんだ。

減少する女性ホルモンを補うことで、更年期障害の症状が和らぐというわけだね。詳しくは次の項目で説明してるよ。

更年期障害の症状を和らげるには、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンのほか、ビタミンE亜鉛などの食材を取り入れたり、栄養バランスのいい食事を摂ることが大事だよ。

もちろん、睡眠もしっかりとってね。

ウォーキングや水泳などの有酸素運動は、自律神経を整えるために有効だといわれているよ。適度な運動をすることで、気持ちもリフレッシュできるし、体が疲れれば、よく眠れるようになるよね。

できるだけ、ストレスをためないようにすることも大事。体調の変化で、気持ちも不安定になるかもしれないけど、あまり神経質にならず、趣味の時間を作ったり、友だちとおしゃべりをしたり、ゆっくりお風呂に入ったりして、上手にストレスを発散していってね。

症状がつらいときには、お医者さんに相談してみるといいよ。

腸内で女性ホルモン様の物質に変わるセサミン

更年期に入ると心身にさまざまな症状が現れるのでお困りの方が多いはずです。これらの症状を緩和するために行われているのが、女性ホルモンを外から注入するホルモン補充療法です。更年期障害の主な原因は、閉経に伴い女性ホルモンが不足することです。外から女性ホルモンを補うホルモン補充療法は効果的な治療と考えられています。ただし、女性の健康に悪影響を与える可能性も指摘されています。

そこで注目したいのがセサミンです。食事などから身体に取り入れられたセサミンは、腸内細菌の働きでエストロゲンとよく似た働きをする物質に変換されることが分かっています。具体的には、腸内細菌の働きで、エンテロラクトンやエントラジオールに変換されます。これらの物質がエストロゲン様の働きを示すことで、更年期障害の症状が緩和する可能性があるといわれています。

セサミンを摂るならサプリメントから

セサミンは、ゴマに含まれるゴマリグナンと呼ばれる成分のひとつです。身近な食品から摂れますが、食品だけでセサミンを摂ることはオススメできません。ゴマに含まれるセサミンの量は、ゴマ全体の0.5~1.0%です。希少成分なので食事から摂取するセサミンで不足する女性ホルモンを補おうとすると、毎日大量のゴマを摂らなくてはいけないことになります。大変な手間がかかるうえ、栄養バランスを崩す恐れもあります。栄養バランスが崩れると、更年期障害の症状が悪化するかもしれません。

サプリメントであれば、1日数カプセル摂取するだけで十分な量のセサミンを摂ることができます。毎日の食事にプラスすれば、栄養バランスを崩す恐れもありません。もちろん、カロリーを摂りすぎる心配もありません。サプリメントはセサミンを効率よく摂るオススメの方法といえるでしょう。

→セサミンのサプリの比較はこちら

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ