今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

ごまちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » 盛りだくさん!セサミンが持つ9つの作用と効果 » 【更年期障害改善】なんだかイライラが続く…

【更年期障害改善】なんだかイライラが続く…

イライラ、のぼせ、頭痛、めまい……その症状、更年期障害かもしれません。セサミンが更年期障害に及ぼす影響についてまとめています。

更年期障害にもセサミンがおすすめ

ミサコさんイラスト「最近、イライラすることが多くて……。もう40代も後半に差し掛かっているし、体調もあまり良くないことが多いし、これって更年期なのかしら?」

女性の閉経前後の約10年間が、更年期と呼ばれる期間です。日本人の女性の場合、50歳頃で閉経を迎えることが多いことから、45~55歳くらいが更年期となります。

更年期障害のおもな症状としては、ホットフラッシュと呼ばれるのぼせやほてり。顔や上半身が急に暑くなって、汗が止まらなくなったりします。

そのほか、イライラや肩こり、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、だるい、疲れやすい、腰痛、動悸などの症状があります。

更年期障害が起こる原因としては、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの急激な減少が挙げられます。ホルモンバランスの乱れが自律神経にも影響を及ぼし、更年期障害の症状として表れてくるのです。

女性ホルモンと同じような働きをするセサミン

ゴマちゃんイラスト

更年期障害は、女性ホルモンの減少によって起こるといわれているけど、セサミンは、体の中で、女性ホルモンと同じような働きをするといわれているんだ。

減少する女性ホルモンを補うことで、更年期障害の症状が和らぐというわけだね。詳しくは次の項目で説明してるよ。

更年期障害の症状を和らげるには、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンのほか、ビタミンE亜鉛などの食材を取り入れたり、栄養バランスのいい食事を摂ることが大事だよ。

もちろん、睡眠もしっかりとってね。

ウォーキングや水泳などの有酸素運動は、自律神経を整えるために有効だといわれているよ。適度な運動をすることで、気持ちもリフレッシュできるし、体が疲れれば、よく眠れるようになるよね。

できるだけ、ストレスをためないようにすることも大事。体調の変化で、気持ちも不安定になるかもしれないけど、あまり神経質にならず、趣味の時間を作ったり、友だちとおしゃべりをしたり、ゆっくりお風呂に入ったりして、上手にストレスを発散していってね。

症状がつらいときには、お医者さんに相談してみるといいよ。

セサミンは女性ホルモン似ているため更年期障害に効果的

更年期障害はホルモンバランスが乱れることで発生します。これに対して、セサミンは女性ホルモンに似た働きをするため、更年期障害に有用といわれています。[注1]

閉経後の女性はホットフラッシュと呼ばれるほてりやのぼせ、発汗などの症状に悩まされることが多くなります。

これは更年期障害の一種なのですが、日本人女性のホットフラッシュの発症率は西洋人に比べて著しく低い傾向にあります。[注2]

その理由として挙げられているのが日本人の食生活で、植物エストロゲン作用をもつ大豆製品(豆腐や味噌など)を多く摂取していることが関係していると言われています。

また、日本で流通しているごまのうち99%は外国産ですが、ごまの消費量は世界有数として知られており、流通に回っているごま約60万トンのうち、約3分の1にあたるおよそ16万トンを輸入しています。

大豆だけでなく、ごまの摂取量も多いことが女性特有の疾患や悩みの軽減につながっているのかもしれません。

[注1]筑波大学:-ごまセサミン代謝研究の扉-開けゴマ![pdf]

[注2]公益社団法人 日本油化学会:植物エストロゲンとその核内レセプター[pdf]

セサミンはエストロゲンが低下することによるコレステロール増加にも効果的

閉経前後に発症しやすい更年期障害。閉経を迎えた女性は血清コレステロール値が上昇しやすい傾向にあります。

これは女性ホルモン(エストロゲン)に抗高脂血症作用が認められているためで、閉経によってエストロゲンが低下すると総コレステロール値の上昇につながると考えられています。

コレステロール値が高くなると心血管疾患を発症するリスクも大きくなり、実際、閉経後の女性の死因の大きな原因のひとつに数えられています。

セサミンはコレステロール値を下げるため、更年期障害による心疾患にも効果的と考えられています。

閉経後の女性のうち、エストロゲン不足が顕著な人にはプレマリンなどの結合型エストロゲンを投与するホルモン補充療法を行うのが一般的です。

しかし、ホルモン補充療法にはリスクがあることも指摘されており、過剰なエストロゲンによって子宮内膜が異常増殖し、子宮体がんを引き起こす確率が高まるといった報告や、長期間にわたるホルモン補充療法によって乳がんの発生率が上昇するといった報告もなされています。

いずれもエストロゲンの長期かつ過剰な投与が原因とされており、ホルモン補充療法を行う際は投与する量に十分な配慮が必要です。

一方、セサミンのような植物エストロゲンのもつ女性ホルモン様作用はもともと生理活性がそれほど強くないため、子宮に影響を与えずに血清中のコレステロール値を下げるはたらきが期待されています。

更年期障害は女性ホルモンの減少が原因

更年期障害

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つの種類があり、それぞれに異なった役割があります。

エストロゲンには、

  • 女性らしい体をつくる
  • 骨密度を上げる

といった役割があります。そして、プロゲステロンには

  • 子宮内膜に厚みをつけて受精卵が着床しやすい状態にする
  • 乳腺を発達させる

などの役割があります。

しかし45歳をすぎた頃から、この2つの女性ホルモン内のエストロゲンの分泌が徐々に少なくなり、50歳前後の閉経する頃には急激に減ってしまいます

今までエストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンがバランスよく分泌していた状態だったのが、年齢やストレスなどによってその片方の分泌が少なくなってしまうのです。すると、体や精神のバランスが崩れるために更年期障害が引き起こされます。

更年期障害の方に向けたサプリもいろいろと出ていますが、中でも最近セサミンが注目を浴びている理由は、女性ホルモンと同じような働きをすると考えられているためです。

上記で述べたように、更年期障害は女性ホルモンの減少が原因です。似た役割を持つセサミンが含まれたサプリメントなどで補うことで、ホルモンのバランスを調整できると注目が高まっています。

腸内で女性ホルモン様の物質に変わるセサミン

更年期に入ると心身にさまざまな症状が現れるのでお困りの方が多いはずです。これらの症状を緩和するために行われているのが、女性ホルモンを外から注入するホルモン補充療法です。更年期障害の主な原因は、閉経に伴い女性ホルモンが不足することです。外から女性ホルモンを補うホルモン補充療法は効果的な治療と考えられています。ただし、女性の健康に悪影響を与える可能性も指摘されています。

そこで注目したいのがセサミンです。食事などから身体に取り入れられたセサミンは、腸内細菌の働きでエストロゲンとよく似た働きをする物質に変換されることが分かっています。具体的には、腸内細菌の働きで、エンテロラクトンやエントラジオールに変換されます。これらの物質がエストロゲン様の働きを示すことで、更年期障害の症状が緩和する可能性があるといわれています。

セサミンを摂るならサプリメントから

セサミンは、ゴマに含まれるゴマリグナンと呼ばれる成分のひとつです。身近な食品から摂れますが、食品だけでセサミンを摂ることはオススメできません。ゴマに含まれるセサミンの量は、ゴマ全体の0.5~1.0%です。

希少成分なので食事から摂取するセサミンで不足する女性ホルモンを補おうとすると、毎日大量のゴマを摂らなくてはいけないことになります。大変な手間がかかるうえ、栄養バランスを崩す恐れもあります。栄養バランスが崩れると、更年期障害の症状が悪化するかもしれません。

サプリメントであれば、1日数カプセル摂取するだけで十分な量のセサミンを摂ることができます。毎日の食事にプラスすれば、栄養バランスを崩す恐れもありません。もちろん、カロリーを摂りすぎる心配もありません。サプリメントはセサミンを効率よく摂るオススメの方法といえるでしょう。

→セサミンのサプリの比較はこちら

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ