今日から始める!体がよろこぶセサミン生活

セサミンサプリメントを比較してみました

ゴマちゃんと学ぶ若さの味方セサミンの全て » あなたはどうだった?セサミンサプリの口コミまとめ » セサミン体験談【60代男女編】

セサミン体験談【60代男女編】

60代に入ると、男性・女性とも大きな変化を感じる方が多いといわれています。例えば、「疲れが翌日に残るようになった」などの主観的な変化から「血圧が高くなった」などの具体的な変化を感じる方がいます。女性の場合は、更年期障害に悩まされる方もいるようです。60代に多い疲れの原因が活性酸素です。加齢とともに活性酸素を除去する機能は衰えます。また、活性酸素が脂質を酸化すると動脈硬化が進行するため血圧は高くなります。セサミンには活性酸素を除去する働きを期待できます。さらに、女性ホルモンの働きによりホルモンバランスの乱れをサポートする働きも期待できます。すでに、多くの60代がセサミンを試しています。いくつかの口コミを紹介するので、利用した方の感想を確かめてみてはいかがでしょうか。

セサミンは効果あるか~60代男性・女性の口コミ~

口コミ1 疲れが翌日に残らなくなった

「趣味で草野球をしているのですが、試合の翌日は会社に行くのがつらいほど疲れていたのですが、セサミンを摂り始めてから、体が楽になって、次の日が仕事でも思う存分、野球を楽しめるようになりました」(60代男性)

セサミンには疲労回復効果があるよ。というのも、疲労の原因となるのは活性酸素。
その活性酸素をセサミンは取り除いてくれるからなんだ。
ゴマちゃんイラストそれから、肝臓が疲れてくると、全身にも疲れが出てしまうんだ。セサミンには、肝臓の機能を高める働きもあるから、肝臓が元気になることで、体全体が元気になっていくんだよ。

口コミ2 血圧の数値に変化が出た

「セサミンは高血圧にいいと聞いたので、サプリメントを試してみました。セサミンを飲んでから数カ月後、血圧を測ってみると、数値に変化がありました。私の身体にセサミンが合っていたのでしょう」(60代女性)

セサミンには、悪玉コレステロールを減らす働きがあるそうよ。悪玉コレステロールが多くなると、血管の内側にたまってしまい、血管が細くなる恐れがあるの。血管が細くなると、血圧が高くなってしまうのよ。
ミサコさんイラストそれに、悪玉コレステロールがたまると血液の流れが悪くなるの。血液の流れが悪くなると、これも血圧が高くなる原因になるのよ。セサミンを摂ることで悪玉コレステロールが減ると、高血圧になるリスクを減らしてくれるのね。

口コミ3 更年期障害の症状が良くなってきた

「更年期障害の症状に悩まされていたのですが、のぼせやめまいが、少し良くなってきた気がします」(60代女性)

じつは、セサミンをはじめとするゴマリグナンは、「植物性エストロゲン」と呼ばれているんだ。つまり、女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをもっているというわけ。
ゴマちゃんイラストエストロゲンは、自律神経のバランスをとる働きがあるから、交感神経と副交感神経のバランスが調整できて、のぼせやほてり、倦怠感などの更年期障害の症状を改善する働きが期待できるんだよ。

60代における活性酸素除去の重要性

60代における活性酸素を原因とする病気

60代以降になると、様々な病気を発症するリスクが高まっていきます。それら病気は、いくつかの複合的が絡み合って引き起こされるものと考えられますが、原因の中でも主役とも言えるものが、活性酸素です。

加齢とともに蓄積した活性酸素は、体内を広く巡りながら、ガン、脳卒中、心臓病、糖尿病、白内障、痴呆症、リウマチ、アレルギーなど、様々な病気の遠因となります。これら病気の発症を予防し、いつまでも元気で若々しく過ごすためには、体内から活性酸素を効率的に除去することが大切です。

活性酸素は主に肝臓で作られる

活性酸素とは、簡単に言えば、サビついた酸素のことです。酸素がたくさん集まっている場所に、活性酸素が多く生まれます。

ところで、人間の臓器の中で、もっとも酸素が多く集まっている場所は脳。その次が肝臓です。つまり、脳はもとより、肝臓もまた、活性酸素が大量に発生している場所ということになります。肝臓で発生した大量の活性酸素を除去すれば、上で紹介したような各種の病気のリスクを、少しでも減らすことができるかも知れません。

セサミンは肝臓に留まって強い抗酸化作用を発揮

活性酸素を除去する働きが抗酸化作用。抗酸化作用を持つ成分・物質のことを、抗酸化物質と言います。ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなどを始め、自然界にはさまざまな抗酸化物質が存在しています。ゴマに含まれるセサミンも、強力な抗酸化物質として有名です。

ところがこのセサミン、他の抗酸化物質とは、やや異なる働きをすることで知られる抗酸化物質。それが「肝臓に滞在して抗酸化作用を発揮する」という点です。

セサミンは、他の抗酸化物質とは異なり、全身を均等に巡るわけではありません。あくまでも肝臓に集中して抗酸化作用を発揮します。肝臓は活性酸素が非常に多く発生する場所。セサミンの強力な力をもって、肝臓の活性酸素を徹底除去すれば、60代以降の方々に発生する様々な病気リスクを低下させることができるかも知れません。

セサミンサプリメントを比較してみました

ページの先頭へ